画像

水虫対策にプロポリス


水虫は白癬菌というカビによってできるものですので、病気の一種といっても栄養や睡眠で予防できるものではありません。
ですが肌を白癬菌などの雑菌から守るために、部屋を清潔にしておくことは水虫予防ではとても大切ですが、サプリメントなどで皮膚の抵抗力を高めることはできます。

そこで注目されるのはプロポリスです。
プロポリスとは西洋蜜蜂が巣を作るために作り出す物質で、花粉と植物と樹液などが、蜂の分泌液と混ざり合ったものです。これは巣を接着させるだけではなく、抗菌作用をもっているために、細菌などから女王蜂や卵や子供の蜂を守る鉄壁のガードの役割ももっています。
この抗菌作用をもっているプロポリスは水虫予防になります。
カビや他のウィルスにも強い成分なのであらゆる病気予防になり、免疫力が体に備わります。

プロポリスは普通に飲むこともできますが、水虫対策としては軟膏として使うこともできます。
プロポリス軟膏の作り方は簡単で、市販のワセリンに液体のプロポリスをよく混ぜ合わせるだけで、出来上がります。
かゆみがとれないしつこい水虫も、プロポリス軟膏だと治るという話もあります。
ではなぜプロポリス軟膏が水虫に効くかというと、プロポリスには強力な殺菌作用があるからに他なりません。

またプロポリスには、抗生物質と同様の働きを持つ成分が含まれています。
プロポリスはいわば、天然の抗菌、抗生物質ともいえます。

無敵のようなプロポリスですが、こちらの肌が無敵かといえばそうではありません。
プロポリスは自然の製品なので副作用というものは確認されていません。
ですが自然の製品だからこそ、人によってはアレルギー反応を起こってしまいます。
プロポリス軟膏を作ったら、患部に塗る前に必ずパッチテストを行ってください。
もしかしたら、かぶれたりかゆみが出たりするかもしれません。
そうなったら残念ながら諦めなければいけませんが、大丈夫なようなら塗って、綺麗な足になりましょう。
▼また、青汁も美容や健康に良く、プロポリスと是非合わせてお飲み頂きたいです。

Copyright© 2010 Propolis and cancer All Rights Reserved.