画像

ものもらいにプロポリス


「ものもらい」とは一般的に外麦粒腫をさしますが、
その他にも内麦粒腫(瞼の内側に出来るのでかなり痛いみたいです。)や霞粒腫を意味することがあります。
「ものもらい」は昔から有る病気で地方によってはメモライ、メコジキ、メボと色々な名前で呼ばれているそうです。
ちなみにの住んでいる地方では「ものもらい」よりもメバチコの方がよく使われています。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
まつげの根本に瞼の表面についている黄色ブドウ球菌などが分泌線に入り、
感染し化膿を起こした上でまぶたが腫れる為、痛みと痒みがあります。
白眼が充血することもありますが、抗生物質入りの軟膏や目薬をつければ大抵は直ります。
細菌よく若い女性に「ものもらい」が見られます。
良くできる人は目を清潔にしていないなどが挙げられます。
日常的にカラーコンタクトやつけまつげをつける方、いませんか?

原因と予防法
瞼を擦ったり、目に刺激を与えないように注意することが大切です。
ものもらいは体質的に起こりやすい場合もありますが、過労や疲労を避け十分に睡眠をとるように心掛けて下さい。

甘いものやピーナツ アイスクリームなどをあまり食べない。
前髪が目にあまり掛からないようにする。
コンタクトレンズを清潔に保つ。
花粉症で痒くてもあまり目を擦らないなど。

最近、プロポリスがものもらいはいも効くという事が証明されています。
日本では健康特定食品として扱われていますが、海外では衣料品として認可されています。
プロポリスはいかなる薬、食べ物などとも食べ合わせの悪いものがないのです。
4000年の歴史のあありますが飲み過ぎて死んだ人が4000年の歴史の中で1人もいない。
というのは特に主張したいところです。
抗菌作用に優れており、特にユーカリの樹液を使ったものなどが抗菌作用が高いです。
完全な自然物質で副作用ももちろんありません。

普段からプロポリスはお摂取して「ものもらい」の予防をしてみませんか?
他にも沢山の作用があるのでとてもいいと思います。

Copyright© 2010 Propolis and cancer All Rights Reserved.